生酵素っていったい何なの?

酵素という言葉は多くの人が聞いたことがあるでしょう。しかし生酵素とはいったい何者なのでしょう?

生酵素はダイエットに良いと言われていますが、生酵素は製造プロセス中に熱処理されない発酵食品を指します。

高温で加熱しないことにより、栄養価と酵素が通常の酵素よりもかなり高いことが知られています。

酵素との違い

生酵素とは普通の酵素と何が違うのでしょうか?

一見すると、あまり変わらないと思いますが、熱が加えられていない生きた酵素が生酵素です。

酵素の最も際立った弱点は熱に弱いことです。酵素はとにかく熱に弱く、48℃以上に加熱するとほとんどの酵素は死んでしまいます。

言い換えれば、加工の過程で熱処理されている酵素の大部分は、想定される酵素の力を既に失っているのです。

生酵素ダイエットが痩せる理由とは

加熱されていない生酵素こそが、酵素がもつ本来の効力を発揮できるのですが、では、生酵素をどのようにダイエットに取り入れていくのが良いのでしょうか。

私たちの体内では2つの酵素が作られるようになっています。

それが「代謝酵素」と「消化酵素」です。

消化酵素は、消化して体が簡単に吸収して澱粉を分解するアミラーゼです。

タンパク質を分解するプロテアーゼリパーゼと呼ばれるプロテアーゼ消化酵素は体に必要な脂肪を分解するために使われます。


もう一つの酵素は代謝酵素と呼ばれ、消化酵素を働かせて生成されるエネルギーを体の隅々で作用させるための酵素です。

これらの2つの酵素の力は、ダイエットで体重を減らす効果が認められます。

体重を減らしやすい酵素は代謝酵素ですが、それは、代謝酵素の量を増やせば基礎代謝が上昇するからです。

ただ、注意しなければならないのは体の健康状態です。

消化酵素と代謝酵素は常にバランスを保っていますので、多くの代謝酵素を取り込んで体重を減らしても、体を他の消化酵素とバランスを保とうとします。

言い換えれば、2つの酵素のバランスが保たれていないと体重を減らすことは難しいということです。

だったら、なぜ生酵素がダイエットに有効で体重を減らすことにつながるのでしょう?

これにはもう一つの酵素の力が関係しています。

それは「植物酵素」です。

植物酵素は、痩せるためのダイエットに非常に有効です。

第一に、代謝酵素の増加は基礎代謝を増加させるので、多くの代謝酵素を摂取すると考えれば、消化酵素の量を減らさなければなりません。

植物酵素は、この消化酵素を意図的に減少させる効果をもっています。


トップページ

ページの先頭へ