生酵素は日頃の食事で摂取できる!?

生酵素は、サプリメント以外の食品から摂取することもできます。

生きた酵素を持つ食品の代表例は、果物、野菜、刺身などの「食品」です。

他のページでも触れましたが、酵素は熱に弱いので、加熱されていない生の食品からでなければ、生きた酵素を摂ることはできません。

また「発酵食品」もその名の通り、豊富な酵素を含んでいます。

キムチ、ヨーグルト、納豆、味噌、チーズなどは、おなじみの発酵食品として知られています。

これらの食品の利点は、その食品自体が酵素し、胃の消化に負担をかけることがないことです。

特に生の果物は非常に酵素が豊富で、既に「消化されている状態」といわれるほどに、体内において消化酵素を消費しません。

このようなメリットがありますが、それだけで酵素を補おうとするならばあまりにもたくさん食べる必要があり、食べ物だけで必要な酵素をすべて摂取することは事実上困難です。

また、酵素は熱と酸に弱いので、胃酸のためにその大半が活性を失ってしまうという問題もあります。

その点、生酵素サプリメントなら、「生きたまま腸まで酵素を送り届けられる」ように構造化されたカプセルが使用されています。

以上を踏まえ、できるだけ多く酵素がタップリ含まれた食品を摂取することを意識したうえ、生酵素サプリメントも併用するというのがとても理想的ですね。

生酵素を効率よく摂取するなら酵素に限る!その理由は?

生の酵素サプリメントは以下の利点を有しています。

  • 水だけで簡単に飲める
  • 持ち歩けるのでどこでも飲める
  • 食品と違って食べ過ぎる心配がない
  • 生きた酵素を効率的よく摂取可能
  • 酵素ドリンクとは異なり、ニオイや味が気にならない

生きた酵素は食品から摂取することができますが、上記のように食べ過ぎの問題もありますので、安全で効率的な方法としては、生酵素サプリメントを一緒に併用することをお勧めします。

カプセルやタブレットタイプなので、いつでもどこでも水で簡単に飲むことができるうえ、酵素ドリンクのような独特の味や強いニオイを感じません。

もちろん低温でゆっくりじっくり熟成されているので、生きた酵素をそのまま生の状態で摂ることができます。

健康や美容を意識している人や、外食やインスタント食品などで食生活が混乱しがちな人も、生酵素サプリメントで酵素を補給するの習慣を身に付けましょう!


トップページ

ページの先頭へ