間違った生酵素では痩せません

意外にも、「短時間で間引かれる」「カロリーがなくても問題ありません」「効果のないダイエット法」、これら多くの誤った情報で生酵素ダイエットを断念しています。

真剣に生酵素のダイエットに取り組んでいるなら、体重を減らすことができない場合は、注意深くチェックしてください。

あなたは短期間に体重を減らすことはできないと思いませんか?

ダイエット製品の宣伝では、「1ヶ月で10kgを減った!」というような非常に驚くべき成果がしばしば見られます。

それゆえ、生酵素ダイエットで、誰でも短期間で痩せられると勘違いをしていませんか?

もちろん、短期間に5kg、10kg痩せる人もいます。

しかし、それは一般的な表現ではありますが、個人差があるため、誰もが1ヶ月でダイエット効果を実際に体験することはできるかどうかは分かりません。

生酵素は、摂取を継続することによって体重を減らすことが容易な体質に変化させるものです。

効果には個人差があり、痩せやすい、つまり基礎代謝が上がるので、人によって違うのは当然です。

残念ながら、生酵素は薬ではないので、即効性を期待するのは誤りです。

これは、生酵素サプリメントに限らず、他のダイエットサプリメントも同じです。痩せるメカニズムが異なっていても、確実に個人差が生じます。

生酵素は、他の栄養補助食品(サプリメント)とはまったく違っています。

というのも、より小さな栄養素に変えて少しでも食べることができ、体がリバウンドしにくいという点です。

早い人は約1ヶ月、遅い人は約3ヶ月かかると言われています。

これはこれまでの年齢や生活習慣によって変化するため、実際に効果が現れるのにどれくらいの時間がかかるか判断できません。

だから、痩せるまでには2~3ヶ月以上かかることを想定して継続してください。

もしかしたら3ヶ月でも体重が減らないと効果がないと判断するかもしれませんが、1ヶ月とか2ヶ月で判断するのは時期尚早です。

生酵素に依存し過ぎて食べ過ぎていませんか?

生酵素を飲んでいるので、カロリーを幾分上回っても大丈夫だろうと思っていませんか?

生酵素は、脂肪が蓄積されるのを抑える働きをサポートするとは考えられますが、あなたが食べたカロリーを直接消費することはありません。

多くの人が生酵素の機能を過信して食べ過ぎて染むこともしばしばですが、これは生酵素の落とし穴です。

当然、その日の代謝を超える高カロリー食は、肥満の原因です。

生酵素ダイエットの正しい方法は?

私たちが取り組んだダイエット方法そのものが間違っていたのでしょうか?

いいや、そんなことがあるはずないって!なんて思ってる人ほど重要な部分で間違いを犯しています。

生酵素のダイエットにはいくつかの種類がありますが、代表的なものは

  • 置き換えダイエット
  • ファスティングダイエット

これら2つです。

置き換えダイエットは、1日2回の食事の代わりに1日2回の食事を生酵素で置き換えます。

もちろん、1回より2回置き換えた方がダイエット効果は更に現れます。

野菜や果物をたくさん用意してサラダを食べるのはいいことです。

でも。ドレッシングは意外にも高いカロリーなので、かけ過ぎや摂り過ぎに注意しましょう。

特に、お酢は酵素の働きを活性化させるので、ドレッシングの材料として適しています。

ファスティングダイエットは、いわゆる「断食」です。痩せる!デトックス効果がある!と人気です。

生酵素サプリメントと水分を除き一日中何も口にせず過ごします。

意志が強い人の場合、3日間もファスティングダイエットを続ける人もいますが、初心者の方にはお勧めしません。

ファスティングは、頭痛、めまい、下痢などを引き起こすこともあるので、無理をして体を壊さないようにしましょう。

また、ファスティングダイエット当日の前後にも食生活の制限が必要です。

ファスティングダイエットのつらさの反動で、その後ドカ食いする人がいますが、ファスティングダイエットの効果が絶大でも、これでは何の意味もありません。

そのため、ファスティングダイエット非常に効果的な反面、失敗する確率も高いダイエッ??ト法です。

食生活を制限することができない妊婦や授乳中の母親の場合、3食のカロリーを抑えつつ生酵素を服用するというダイエット方法もあります。

このファスティングダイエットの場合は、短期ではなく長期的に取り組むことが重要です。

あなたが飲んでいるのは本当に生酵素ですか?

これは驚くほど大きいですが、あなたはどうですか?

生の酵素は当然に「生」であることが重要ですが、生なら何でもいいわけではありません。

たとえば、生の野菜や果物をスライドさせて飲む。

その場合は、より低速のミキサーを使用して使用しますか?

通常のミキサーは高速で回転し、高温になります。生酵素の加熱は禁止されています。

また、生の酵素は時間の経過とともに分解されるため、野菜やサラダは生のままにすることはできません。

新鮮なものを食べる直前に調理することが重要です。

生の野菜や果物のほかに生魚や刺身にも含まれていますが、ここでも新鮮さは避けられません。

また、補酵素ビタミン、ミネラル、生の酵素にも注意してください。

ビタミンB群のビタミン補酵素の場合、ミネラルの場合、鉄、マグネシウム、亜鉛が一緒に取り込まれ、生酵素の機能を活性化します。

意識してこれらの成分を摂取することが困難な場合は、市販の生酵素サプリメントを補充する方が良いかもしれません。

サプリはいつでも好きなときに飲むことができる優れたアイテムです。

しかし、必ず加熱されていない生酵素サプリメントを選んでください。

加熱された酵素は生きている酵素ではないからです。

コストパフォーマンスのみを重視して「生酵素」を購入しないことも重要です。

一部の製品には生酵素が大して含まれていないと言われています。

そのような商品を購入ぜずに、成分もよくチェックしてください。


トップページ

ページの先頭へ